「心を空っぽにすれば夢が叶う」(ヨグマタ相川圭子)の読書感想文 書き方の例文 2000字

「心を空っぽにすれば夢が叶う」(ヨグマタ相川圭子)の読書感想文 

※2016文字

広告

 

この本は、瞑想がどれほど人を自由にし、幸福にするものであるかを学ぶことができるものです。
とはいえ、瞑想を学ぶためにヒマラヤまで修行にいくことや、瞑想の教えを学ぶ場に足を運ぶことができる人はそう多くはないはずです。そして、心を空っぽにすることができず、瞑想は自分には不向きであると投げ出してしまう人もいるはずです。それもそのはず、私たちが生きている環境は、膨大な情報が日々流れ、頭の中も心の中もそれらを処理することに追われているのですから・・
ですが、そんな私たちだからこそ、今、瞑想について学ぶ必要性に迫られているといえます。
そんな人は、どうしたら良いのかがこの本には書かれています。

 

その1つとして、呼吸法の説明があります。ポイントとしては、息を吐き出すとき毒素を吐き出すつもりで行うということがあります。そして息を吸い込むときは、宇宙のエネルギーを吸い込むつもりで行います。これを30回行い、自分の呼吸だけを意識するのです。
たしかに自分の呼吸に集中すると、怒り、不安などとった感情で乱れる呼吸も整えることができるようになり、呼吸を整えることにより、気持ちが落ち着いてくるという理にかなった原理であるということが分かります。
これらについては、多くの瞑想関連図書にもかかれている内容と同じです。

 

もう1つには、「日々起こる全てのことに感謝する」ということがあります。
それは、災難・災害・病気など自分にとって辛いことがらなども含まれます。なぜならば、それら全てが「変化」のための良いチャンスであり、学びであるからです。
近年、私たちの周囲では地震・津波など自然災害による被害が増えてきていると感じます。
ヨガはそのようなさまざまな困難に出会ったとき、それを自然に解決できる心身を作っていくことができる、というものなのです。

 

もちろん、自然災害ばかりではなく、人間関係のトラブルや、競争なども含まれます。私たちは平常心を保って生きていくことが難しくなってきているからこそ、瞑想によって心を整える習慣が大切になってきているのだと思います。心を平静にして、自分は今ここにあるのだということに意識を集中させることができるようになると、全体を冷静にみることができるようになります。安易に心を動かされることなく、平和な心を保つことができるようになるのです。
そうすることによって、ストレス社会の中で生きる私たちはもっと自由に生きられるようになることでしょう。「瞑想は、エゴを捨て、無になるための修行である」と筆者は言っています。

 

では、瞑想に集中するためにはどうすれば良いのでしょう。この本の中では、「太陽・月・海・宇宙・神」または自分の体のエネルギーセンターに集中すればよいと言っています。全ての創造者は神ですが、神を信じることができない人も多いため、このように自然など目に見える壮大なパワーを持つものに集中すると良いのでしょう。
このように、たとえ悟りの境地にまで至らなくても、日々、意識し実践していくことが大切だということが分かってきます。瞑想というプロセスの中で自分を癒すことが、周囲をも変えていく力を持っているのです。

 

更にもう1つ、大切なこととして「普段から、悪いことは思わず、良いことだけを思うようにする」ということがあります。
なぜならば、人が思ったことは現実のこととなるためです。悪いことばかり考えていれば、悪いことばかりが引き寄せられ、良いことばかり考えていれば、良いことが引き寄せられるという原理もわかるような気がします。それほど、心で思うことは人に大きい影響を与えるのです。
また、「良い行いをする」ということも同様に意識して行っていく必要があります。それは、見返りを求めるものではなく、良い心で行うものです。このような行いは、自分の内側を浄化することにつながっていくということは、多くの人に理解できることでしょう。

 

わたしたちは、心の内側を浄化することによって、どんなことがあっても、冷静でいられるようになり、起こったことに対しても冷静な目でみられるようになるのです。忙しい社会の中で生きているからこそ、心を静かに整えることが大切なのだということが分かります。そうすることで、自分がすべきことが分かり、無駄なことに時間を費やすことなく夢に近づいていくことができるのでしょう。

この本のタイトルにもあるように「心を空っぽにすれば夢が叶う」のです。「瞑想なんて・・」そう思う人もいるでしょう。「自分にできるはずがない」と思って諦めていた人もいることでしょう。イエス・キリストのように死から復活された究極の瞑想「真のサマディ」に到達された日本人女性ヨグマタ・相川圭子さんの本を読み、その内容をわかりやすくまとめてみました。

 

⇊本が欲しくなった方はこちらから⇊