「思い出のマーニー」(ジョーン・G・ロビンソン)の読書感想文 書き方の例文 2000字

 

読書感想文
「思い出のマーニー」(ジョーン・G・ロビンソン)
※1990文字※

 

広告

友だちなんて、いらない。

主人公の「アンナ」は、おそらくそう考えていた。

独りぼっちを好み、友だちの多い人間と自分を「あちら側」と「こちら側」で分けている。

人との交流を、半ば諦めているようだった。

消極的で、内気で、こもりがちなのである。

友だちなんていらないという感覚も、一人の方が心地良いという感覚も、私は分からなくはない。

しかしそれでも、アンナは排他的であると感じた。

それは、家族に問題がある、というのも関係しているだろう。

アンナは義両親に育てられている。

それだけでストレスと、やり切れなさは筆舌に尽くしがたいものがあるだろう。

両親のいない苦しみと、血の繋がりの薄い(親戚筋の人間ではあるので)大人に育てられ、生活を共にするという苛立ち。

思春期の女の子だから、猶更である。それで、協調性のなさや人と関わろうとしないアンナのパーソナリティを完全に肯定することはできないとはいえ、そうなってしまうのも仕方ないだろう。譲歩の余地は、充分にある。

この「思い出のマーニー」は、そんな主人公アンナが、不思議な貴族の美少女「マーニー」と出会い、少しずつ成長していく物語である。

ストーリーについては、ここで深く掘り下げるつもりはない。

SFファンタジーに近い物語、ということだけを断るにとどめておく。

ストーリーの核心部分はこの「思い出のマーニー」の一つの見どころであるし、そこにはミステリー要素も多分に含まれているので、詳述するべきではないのである。

少なくとも私は、そう判断した。

だからここでは、アンナの心理にスポットを当て、極力ストーリーの部分と重ならないようにしていきたい。

私が印象に残っているシーンは、アンナがマーニーと交流する過程で、自分が「不幸」において他人と比較していたことに気づくところである。

マーニーはお嬢様で、自分の持っていないものを全て持っていると思っていた。

羨ましかったのだ。しかしマーニーにも辛い現実があることを知り、そこでアンナは「自分がマーニーよりも不幸だという点で、マーニーに優越感を抱いていた」という、倒錯した感情を持っていたことに気づく。

劣っているからこそ、優越している。

そしてこれは、アンナが他の人間に対しても適応させていた感覚だ。

自分は友だちがいない、独りぼっちだ、両親もいない、つまり不幸だ、「だから優れている」。

しかしアンナは、マーニーとの交流で以下の二つのことに気づく。

一つは、自分だけが不幸なのではないということ。

そしてもう一つは、そもそも不幸の総量で他人と比較し、優劣を決定しようとすることが、間違っているかもしれないということである。

アンナはまだ少女と言っていい年齢だ。

そんな彼女の気づきに、私はハッとさせられた。

私にも、不幸で他人に勝とうとしたことはあったと思う。

しかもそれを、平然とやっていたとすら感じる。

悲劇のヒロインになっているつもりだったのだろう。

その上わたしの不幸は、アンナやマーニーには遠く及ばない。

わたしはこのシーンを読みながら、自分の過去を思い返して恥ずかしくなった。

なんて浅ましかったのだろう、と。

アンナがここで知ったのは、他人を思うということの大切さではないだろうか。

自分の不幸にばかり目を向けるのではなく、他人にも目を向ける。

「あちら側」だと思っていたはずのクラスメイトたちにも、実は大きな悩みや不安があったのかもしれない。

他人について思いを巡らせるということは、結果的に、自分の視野を広げることになるはずだ。

マーニーと交流し、マーニーについて考えることで、結果的にアンナ自身が成長したように。

そのようなアンナの考え方の変化が、少しずつ物語を動かし始める。

停滞していたアンナの人生に、僅かではあるものの光が差し始める。

それがさらなる発見を生む。

まさに好循環である。

初めと終わりとで、アンナがどのように変わったのか、それは是非物語を読んで知っていただきたい。

家族との確執はどうなるのか。

マーニーとの関わりはなにを生み出し、どこへ向かっていくのか。

しかし少なくとも私は、アンナは初めの頃よりも、何倍も明るく魅力的で社交的ですらある、そんな女の子に変わったと思う。

何よりもアンナは、この物語の終盤で、自分は一人ではなかったということに気づくのである。

そう考えると、「孤独」のもたらす不安や葛藤は、計り知れないものがあるのかもしれない。

子ども、特に思春期の子どもに必要なのは、何はともあれコミュニケーションなのではないだろうか。

孤独の有無が、その子どもの人格の深いところにまで関わってくるような、そんな気すらする。

アンナは、マーニーという友人を見つけることができた。

もし今、孤独を抱え不幸を数え上げている子どもがいるとしたら、その子にマーニーのような友人ができること、私は心から願う。

停滞する物語を動かすためにも。

 

⇊本が欲しくなった方はこちらから⇊