TAG あのころはフリードリヒがいた、ハンス・ペーター・リヒター、読書感想文